消火・防災設備

消化・防災設備は、建物を利用する人が安心・安全に過ごすために必要なものです。
しかし、過剰な設備を導入する必要はありません。
建物の規模や用途に合わせて、適切かつ効率的な設備プランをご提案いたします。
法的に定められている設備もあるため、どんな設備がどの場所に、またどの程度必要か把握しづらく疑問もでやすいと思います。
当社はそれらも分かりやすくご説明し、ご納得していただいたうえで設備の導入を行います。

消火設備の一例

■スプリンクラー設備
室内の天井面にスプリンクラーヘッドを一定間隔で配置します。
一般建築物の火災をスプリンクラーヘッドにより自動的に感知放水し、消火を行うシステムです。

■水噴霧消火設備
水噴霧消火設備はスプリンクラー設備と同様に水を散水して火災を消火する設備です。
スプリンクラー設備との違いは、散水される水の粒が細かく、火災時の熱で水分が蒸発する際に熱を効果的に奪うことが可能。
また、燃焼面を蒸気で覆うことで、酸素を遮断する窒息効果によって消火効率を上げるという点です。

■屋内消火栓設備
屋内消火栓設備は放水量、および有効射程が広く、消火器では消火不可能な段階の消火を目的として屋内に設置される設備です。
ポンプ起動押しボタンによるものや、自動火災報知設備の発信機を押すものがあります。
また、消火栓弁を開放する過程で自動起動するものや、ホースの延長操作による自動起動等もあります。

■屋外消火栓設備
屋外消火栓設備は建物の周囲に設置される消火設備で、建物の1階及び2階で発生した火災を外部から放水することで延焼を防止するために使用します。
屋外消火栓設備は屋内消火栓設備と同様に人が操作して使用するもので、水源・加圧送水装置・起動装置・屋外消火栓・ホース格納箱・配管・弁類及び非常電源等から構成されています。

防災設備の一例

■警報設備

自動火災報知設備・・・火災による煙や熱を感知器が感知し、警報ベルなどで、建物内の人達に火災を知らせる
非常用放送設備・・・緊急地震速報などを受けて、大きな揺れが来ることを音声放送する
漏電火災警報器・・・漏電を自動検知し警報を発報する
ガス漏れ火災警報設備・・・ガスが漏洩した際にガスを検知し、警報を発してガス災害事故を未然に防止させる

■避難設備

避難はしご・・・避難はしごは設置対象となっている防火対象物のほとんどに使用すること可能
緩降機・・・ベルト状の着用具を身体に巻きつけ、自重により自動的に降下する設備
救助袋・・・避難する際に窓から降下させて、布状の袋本体の内部を滑り降りる設備
非常照明・・・避難するための通路に対し、一定の明るさを確保するための防災設備

■防火設備

排煙制御設備・・・火災時に感知器が煙を検知し、防火戸、シャッターなどを連動させ煙の拡散を防ぐ
防火戸・・・通常の火災時における火炎を閉鎖時に遮り、火災の範囲拡大を防止・遅延させる

一覧ページに戻る