給排水設備

建物内で水が必要な個所に、必要な量の水を供給する給水設備機器の設置をいたします。
給水ポンプで受水槽に貯水された水をくみ上げ、使用箇所まで給水。あるいはいったん高架水槽に貯水し、そこから各使用箇所に給水するかのいずれかの方式になります。
給水方式は建物の高さや使用箇所を考慮し、採用する方式を選定する必要があります。
実績豊富な当社なら、最適な給水方式の選定、ご提案が可能なため安心してご相談ください。

また、水を必要とする箇所に供給する配管の施工もお任せください。
鉄管・塩ビ管・銅管・ステンレス鋼管などの各種管材を使用して安全・安心の配管工事を行います。

給排水設備の種類

■貯水槽水道方式
水道水を屋上などに設置した貯水槽に一度集めてから、各蛇口に配水するのが貯水槽水道方式です。
屋上のタンクに一度水を集めることで、常に一定の水圧で給水することが可能。
貯水槽水道方式はどんな時でも安定した水の排出が可能なのが強みです。
一方で、この方式は定期的に貯水槽を掃除する必要があり、主に高層ビルやマンション・大型の商業施設などに使われています。

■直結直圧式給水
主に一戸建ての家庭用の給水などに使われる方式です。
配水管から直接水道管を使って蛇口まで水を引きこみます。

■直結増圧式給水
アパートやハイツといった中~小規模な集合住宅で採用されるのが直結増圧式給水です。
ベースは直結直圧式給水と同じですが、増圧ポンプを増設し高層階まで水の供給を可能にします。

一覧ページに戻る